検索行為がユーザーのライフスタイルに根付いている証

SEOで分かる季節によって大きく変わったり需要のあるキーワード

季節変動。季節変動とは、たとえば季節や1年を周期とする定期的なイベント(夏休み、ゴールデンウィーク)や、天候や気候、制度(ボーナス時期、給料が支給される日)、行事や習慣(お盆や正月)などによって検索の需要が左右されることを表します。この季節変動は、検索という行為がユーザーのライフスタイルに根付いているからこそ生じるもので、それだけリアルにユーザーの行動を反映していることを意味しています。

検索数には顕著に影響しており、「お中元」や「お歳暮」「クリスマス」などある特定のキーワードで検索傾向が異なっていることが明らかになっています。ここでは検索傾向を調査できるツールを紹介しますので、自社の商品やサービスに季節変動の要素がないか確認してみてください。紹介するGoogleTrendsはまさにこの目的のツールで、選定したキーワードがどのような周期で検索されているかを調査できるツールです。GoogleTrends http://www.google.co.jp/trendsGoogleTrendsを用いて「クリスマス」というキーワードで調べてみた様子です。

毎年年末に顕著にピークが見られ、毎年ピーク直後に急減する曲線を描いています。予想どおりの結果ですが、これはキーワードが「クリスマス」だからで、予想しなかったキーワードで季節変動が認められる場合はその原因も考えてみるとよいでしょう。ここでも、顧客の行動を思い描く必要があります。GoogleTrendsで「クリスマス」を検索AIDMA(アイドマ)の法則。AIDMAとはアメリカのローランド・ホールが提唱した消費行動の仮説です。これは消費者の心理プロセスをモデル化したものです。
内部施策をしっかりとうつことで低予算でもしっかりとしたファインダビリティSEOを行うことが可能です。最低限ここだけは抑えておきたいという点だけでも対策しておきたい企業様はぜひチェックしてみてくださいね。
これまでの実績を見てもらえば、必ず納得できると思います。難しいアダルトSEO対策も、プロに任せれば圏外から一位に表示させることも可能です。


利用しないように作っておきます。利用できても不都合はないでしょうが、利用可能な静的ナビゲーションを使わせたくないからこそFlashを選択しているはずです。またWebサイトの一部にFlashを使用する場合も注意が必要です。

メニュー部分などWebサイトのナビゲーションや、他のページへ遷移する操作の可能なメインコンテンツ部分にFlashを使うという限定的な利用スタイルのサイトも多く見ます。これなら問題ないかというとやはりお勧めできません。もし使ってしまうと、検索エンジンがFlash部分のリンクを解析してリンク先ページに遷移できず、サイトの認識が弱くなることが考えられます。つまり、Flash以降のページにクローラが遷移できないということです。

最新情報
2013/09/10 注目情報を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 代替として利用を更新しました。
2013/09/02 性質が異なる構造を更新しました。
2013/08/31 不可欠な要素を更新しました。
2013/08/29 検討を行うを更新しました。
2013/08/28 SEOで分かる季節によって大きく変わったり需要のあるキーワードを更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
高品質×低価格のSEO対策サービス ハイバリューSEO猿でも出来るSEO対策すまいるネット
ハイバリューSEOは、低価格で検索順位をグッとあげる効果的なサービスをご提供します。猿でも出来るSEO対策なので、人間はもちろんできるはずです。初心者向け最短ノウハウを教えます。すまいるネットのSEO対策は、低価格でありながら結果を大事にします。